しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[副交感神経とは]

用語集

◆副交感神経とは

・説明

自律神経の一つである。主にリラックス、睡眠、食事の際に優位になる自律神経である。

主な働き

  • 血圧の低下
  • 内臓機能の向上
  • 免疫細胞のうちリンパ球の分泌

対となる交感神経がストレスによって優位になりやすいため、副交感神経が鈍くなる傾向が強いと思われる。そのため、副交感神経を優位に保とうとすることで、自律神経のバランスをとることができる。その方法としてマインドセット、マインドフルネス(瞑想)、気血免疫療法、交流磁気治療、電位治療が効果的だと思われる。

◆関連記事 一覧

『自立神経が日々の生活を司る!!〜交感神経と副交感神経のバランス〜』
 ■自律神経が乱れると ■私たち人間には 自律神経と呼ばれるものが備わっています。 ■自律神経とは 心臓、胃腸、肺などの内臓の動きや、目の瞳孔、唾液の分泌、呼…

『自律神経の悪化でガン・糖尿病・認知症などなどに・・・ フリーター生活日記63日目』
     ■フリーター生活63日目 今日は敬老の日!!という事で 祖母宅に出向きマッサージを施してきました。  年相応にお話好きの祖母の昔話を聞きながら 手足…
『自律神経が乱れるのは〇〇歳から!! フリーター生活日記67日目』
    ■フリーター生活67日目 お仕事を終えて帰ってきました〜 今日は豚汁をすすり 久しぶりに湯船に湯をはり体の芯から温めて 今キーボードを叩いています!!…
『自律神経を整える”最強の方法” フリーター生活日記72日目』
     ■フリーター生活72日目 今日もいつも通りという感じの1日でした・・・  そろそろ、本格的に動かないと このままフリーターの状態で甘んじてしまう・・…
『箸置きで、よく噛み副交感神経を促進し、生活習慣病を予防!! フリーター生活日記103日目』
      ■フリーター生活103日目 10/31を迎え、フリーターになり103日目になりました。  今年はコロナウイルスの影響で、テレビで見るような仮装の軍…

コメント

タイトルとURLをコピーしました