カウンセラー栞が解説する糖尿病に関わる[インスリンとは]

健康用語集

用語集

◆インスリンとは

・説明

膵臓から分泌されるホルモンの一種で、糖の代謝をサポートし、血糖値の調整を行なっている。インスリンの分泌が行われなくなったり、インスリン抵抗性が高くなることで血糖値が高い状態になると、糖尿病を引き起こす。

役目を終えたインスリンはIDE(インスリン分解酵素)によって分解される。またインスリンが過剰に分泌されることによって、糖尿病のリスクを上げるだけにとどまらず、認知症のリスクを上げることもわかっている。認知症は脳を守るために働くアミロイドβが増えすぎることによって、脳の萎縮が起こり発症、悪化すると考えられている。このアミロイドβを分解する役割を持つのがIDE(インスリン分解酵素)である。インスリンの分泌量が多すぎると、IDEがインスリンの分解につきっきりになり、アミロイドβは分解されず脳に溜まり続ける。

そのため、インスリンの量を適量に保ち、アミロイドβの分解を適切に行わないと認知症のリスクも上げるため、糖尿病・認知症ともにその根本治療に糖質の摂取量を抑える糖質制限MEC食がオススメである。

 インスリン・糖尿病・認知症についてより詳しく!


糖尿病を良くしたい!
認知症を良くしたい!
糖尿病・認知症に関する最新情報を発信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました