しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[インスリン抵抗性とは]

用語集

◆インスリン抵抗性とは

・説明

インスリンが分泌できているのにも関わらず、その効果を十分に発揮できていない状態。

・症状

インスリンによる糖の代謝機能が落ち、血糖値が常に高い状態が続く。その結果、血管をはじめとした器官が糖化し、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが上がる。

また、インスリンを分泌する膵臓の機能が低下し、インスリンの分泌そのものが低下する。その結果、高血糖の状態が続き、糖尿病のリスクが上がる。

他にも、インスリン抵抗性によって高血糖な状態が続くと、インスリンが過剰に分泌される。その結果インスリンの分解を行うIDE(インスリン分解酵素)がインスリンの分解につきっきりになる。IDEは認知症の原因と考えられているアミロイドβの分解も行うが、インスリンの分解を優先するため、脳内にアミロイドβが溜まり続け、認知症のリスクを上げる。

・メカニズム

インスリン抵抗性の原因は、高糖質な食事を日常的に摂ることによる内臓脂肪の増加である。内臓脂肪はアディポカインと呼ばれる物質を分泌し、インスリンを過剰に分泌させる。インスリンが過剰に分泌されると、細胞が常にインスリンに晒される状態が続き、インスリンに慣れてしまい、インスリンの効き目が弱くなってしまう。この状態をインスリン抵抗性と呼ぶ。

・治療法

インスリン抵抗性の根本原因は高糖質な食事にある。高糖質な食事を避ける糖質制限MEC食が効果的であろう。

また、内臓脂肪を取り除くために、ウォーキング動かない運動による代謝の向上が必要である。

運動に加えて、交流磁気治療マインドフルネスなどの血行促進を行うことで、より高い内臓脂肪の燃焼を促すことができると考えられる。

◆関連記事 一覧

『肥満による生活習慣病❶高血圧・糖尿病 フリーター生活日記111日目』
    ■フリーター生活111日目 フリーターになり、111日目を迎えました。 今日もお仕事行ってきました〜 日曜日ということで人の入りも多く、少し疲れたので…
『糖質制限で筋肉が減る?? カウンセラー生活日記99日目』
■カウンセラー生活99日目 カウンセラーになり99日目になりました💦 あと1日で大台の100・・・ 逆に、3月からカウンセラーを名乗り、もう100日も経つの…
『お口が汚いと糖尿病!認知症に!?/初出勤!2時間で帰宅!!346日目』
 ■カウンセラー生活日記346日目 カウンセラーになり346日目になりました(*´꒳`*) 本日は新しい会社さんに初出勤!!ということで、意気込んで出かけたわ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました