しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[マインドフルネスとは]

用語集

◆マインドフルネスとは

・説明

うつ病・適応障害などの精神疾患の改善、予防のために行われるメンタル強化術である。一般的には瞑想と呼ばれ、リラックスした姿勢で深い呼吸を行い、自律神経の調整や血行改善を行う。

・治療方法

クッションの上であぐらをかくなど、自分の楽な姿勢をとり、猫背にならぬよう胸を張り正しい姿勢をとる。その姿勢のまま、鼻から3〜5秒かけて息を吸い、口から5以上かけて息を吐く。これを1分間を目標に行う。リラックスできる環境が必要なため、仕事の休憩時間や入浴、就寝前などに行うのがおすすめである。

・治療効果

正しい姿勢と深い呼吸によって、自律神経の調整と全身の血行改善が行われる。

自律神経の調整により、不眠・内臓機能の低下・ストレスによる気分の浮き沈みなどが改善される。

血行改善により、脳の血行が良くなり認知症・うつ病の改善が期待できると同時に、マインドフルネスの累計時間が3時間を超えるあたりから自制心・洞察力・注意力の向上が見られるようになる。マインドフルネスが習慣化し、8週間を超えると不安・恐怖心をコントロールする扁桃体が活性化し、不安や恐怖に強くなる。

血行改善・自律神経の調整によって改善される症状・病気は多岐に渡り、動脈硬化アレルギー糖尿病・自己免疫不全・痛み・こり・痺れ・高血圧などに効果が期待できる。

◆関連記事 一覧

『1分でできる〇〇!メンタル強化術 フリーター生活日記189日目』
     ■フリーター生活189日目 フリーターになり189日目になりました。  今日はバイトが遅くまでになるので早めの投稿です。  階段にうずくまる猫ちゃん…
『ため息を吐いても、幸せは逃げない!! フリーター生活78〜80日目』
    ■フリーター生活78〜80日目 2日空けての投稿になってしまいました💦  最近は寒くなったせいか、眠気に襲われることが多くなりました😴  睡眠と体…

コメント

タイトルとURLをコピーしました