カウンセラー栞が解説する人と共生する[ミトコンドリアとは]

健康用語集

用語集

◆ミトコンドリアとは

 説明

人間の細胞にて、ブドウ糖・ケトン体をエネルギーに変えてくれるバクテリアの一種である。ミトコンドリアは人間と共生関係にあり、ミトコンドリアの量が多いほど多くのエネルギーを作り出すことが可能である。ミトコンドリアが多く存在することで、代謝が上がりスムーズなエネルギー生成を行うことができる。これにより、糖尿病認知症、がん、肥満などの生活習慣病の予防改善が期待できるだろう。ミトコンドリアは全ての細胞に存在するが、その数には個人差がある。

ミトコンドリアはその量を増やすことが可能で、筋肉の中でも赤筋にミトコンドリアが多く存在する。そのため、赤筋を増やすことによってミトコンドリアの数を増やすことが可能である。赤筋を鍛えるにはウォーキング気をつけ爪先立ちなどの運動や、インナーマッスルを鍛えるドローインなどが効果的である。また、運動と合わせて血行改善を行えるマインドフルネス交流磁気治療を行うことで、筋肉に栄養と酸素を供給し、効率よく筋肉の増強を行うことができると考えられる。

 より詳しく!実践的に

コメント

タイトルとURLをコピーしました