しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[ケトン体とは]

用語集

◆ケトン体とは

・説明

肝臓にて脂肪が分解されて作られるエネルギー源の一つである。

糖質制限・ケトジェニックを行うことで、糖質を摂取しない時間が10時間を超えた際に、体脂肪を分解して生成される。

  • 糖尿病改善
  • 認知症改善
  • がん細胞の抑制
  • 体脂肪の燃焼によるダイエット効果

上記の健康効果が期待できる。

ケトン体は絶食・飢餓状態の際の非常燃料として認知されており「ケトン体が生成される」=「体が飢餓状態であり危険である」と考えられてきたが、実際にケトン体は無毒であり、脳のエネルギー源としても有効である。

糖質を元に作られるブドウ糖は血糖値をあげ、糖化・体脂肪の増加などのリスクがあるが、ケトン体にブドウ糖に見られるリスクはないため優良なエネルギー源として評価できる。

ケトアシドーシスと呼ばれる症状がケトン体と関わりがあるとして、危険視されることがある。

しかし、ケトアシドーシスは糖尿病の合併症であり、高血糖な状態が続き、インスリン抵抗性により、糖をエネルギー源にできなくなったため、ケトン体が生成された。という結果だけを見て、ケトン体を危険視していると思われ、ケトン体が根本原因であるとは考えにくい。

また、極端な糖質制限によってケト・フルエンザと呼ばれる症状を引き起こすことがある。

主な原因が脂質の過剰摂取などによる吐き気、胃もたれ、糖質を断った事による赤血球のエネルギー不足が原因と思われる。

正しい糖質制限を行うことで、ケト・フルエンザ、ケトアシドーシスに陥ることはない。

◆関連記事 一覧

『認知症の救世主!?「ケトン体」とは? 』
 ■「ケトン体」とは?? これまでの記事では糖質がいかに体にダメージを与え、認知症と関わりがあるかについてご紹介しました。 「認知症と糖質の関わり」については…
『ケトン体は危険?それとも認知症治療の救世主?? 真実は自分で知ろう!』
 ■ケトン体が危険??な理由 日本糖尿病学会は「ケトン体」が高い状態は危険であると説明しています。  実際には「ケトン体」に毒性はなく、人体のエネルギーとして…
『「ケトン体」VS「糖」 エネルギーとして優秀なのはどっち!? +「ガン」の新常識!!』
 ■ケトン体と糖 ■ケトン体と糖 ケトン体は脂質由来のエネルギー源。  糖(ブドウ糖)は糖質由来のエネルギー源です。  どちらも体のエネルギーとなるものですが…
『ケト・インフルエンザとは?? フリーター生活日記 5日目』
■フリーター生活5日目 フリーターになって、5日が経ちました。  今日は一日平和に仕事をこなしてきました。  体力的にもだいぶ楽になってきたので、仕事終わりの…

コメント

タイトルとURLをコピーしました