しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[MCTオイルとは]

用語集

◆MCTオイルとは

・説明

ココナッツオイルから抽出された中鎖脂肪酸である。

・治療方法

MCTオイルをサラダや肉料理に一日一回、大さじ1〜2杯を目安に摂取する。

調理油のようにフライパンにしいて使わずに、調理済みのものにかけて使う。

無味無臭のため、料理の味を損なうことはない。

・治療効果

MCTオイルは体内でケトン体に速やかに変化し、エネルギーに変わる。その特性から、糖質からエネルギーを生成する代謝から、脂質からエネルギーを生成する代謝へのきっかけとしてMCTオイルは有効である。

認知症治療リコード法の食事制限として、ケトジェニックが推奨されており、MCTオイルの使用も効果的である。

しかし、認知症リスクが高いと言われているApoe4と呼ばれる遺伝子がある方には、症状の悪化をもたらす可能性があるため医師と相談の上で摂取することをお勧めする。

◆関連記事 一覧

『認知症改善の味方! 「ケトン体」の増やし方とは?』
       ■ケトン体を増やせる魔法のオイル 認知症に効果があると言われる「ケトン体」 そんなケトン体を楽して増やしたい!! そうお思いの方もいらっしゃるで…
『認知症・ガン治療に良い「油」MCTオイルとは フリーター生活日記155日目』
     ■フリーター生活155日目 フリーターになり155日目を迎えました。  今日は遅くまでアルバイトがあるので、早めの投稿になります! 長野県にて凍りつ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました