しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

【書籍紹介02】

ダイエット

書籍紹介
『図解 眠れなくなるほど面白い 糖質の話』

書籍情報

タイトル
図解 眠れなくなるほど面白い 糖質の話
牧田善二-著
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。
1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学生化学講座などで、糖尿病の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。New Engl J MED,Science,Lancetなどの筆頭著者として研究成果を発表。1996年より北海道大学医学部講師。2000年より久留米大学医大部教授。2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。

◆書籍概要

糖尿病の改善だけでなく、ダイエットとしても注目されている「糖質制限危険なのか?リバウンドするのか?そんな疑問に答えてくれる書籍です。

三大栄養素の一つである「糖質」とは一体どのような栄養素なのか?という基礎的なお話から、糖質と健康との関係を解説し、糖質制限の正しいやり方や注意点などを細かく紹介しています。

糖質は白米やパンなどの日本人の主食に多く含まれる栄養素です。毎食のように米やパン、麺類を食べることは自然ですし、正しい食生活のように思われます。しかし、実際には多くの日本人が糖質過多な食事になってしまい、肥満糖尿病脂肪肝罹患するリスクを上げています。

高糖質な食事を続け、糖尿病に罹患すると多くの合併症に罹るリスクも上げてしまいます。中には失明したり、透析治療を必要とするものもあり、自身のライフスタイルに大きな影響を与える病気ばかりです。

では実際に糖質制限をすることで、糖尿病、肥満が解消・予防を狙っていきたいが、どのような食事が糖質制限と呼ばれるのか?具体的な食材を持ち出して、推奨される食品避けるべき食品を分けて紹介されているので、その日から正しい糖質制限を始めることができます。

本書のページ数は127pで且つ、図解での説明が半分を占めるため、視覚的に内容を理解しやすい一冊になります。また、重要な箇所は赤字でわかりやすく記載されているので、赤字部分を読むだけでも本書の本質を理解できるかと思います。

あとがき

本書を読んでみて、実際に自身の食生活を改善するバイブルとして使用してきました。以前は毎日のように食べていた白米やパンを辞め、鶏肉・卵・魚を主体とした食事に変えていきました。肉や油は太りやすい!という常識が実は事実ではなく、人が太る一番の原因は白米やパンに含まれる糖質であることは、本書にて納得のいく説明がされています。

実際に糖質制限を続け、私自身の体重にも劇的な変化が現れました。75kgあった体重は1年半ほどで61kg台まで落とすことができました。その間に無理な食事制限や激しい運動は一切行っていません。やったことは本書で解説される糖質制限と簡単なウエイトトレーニングくらいです。

糖質制限がダイエットに効果的であることは、多くの書籍、ネット媒体でも紹介され実際に私のようにダイエットに成功した方も多く存在します。たくさんの情報の中でおすすめされる糖質制限ですが、やり方を間違えてしまうと逆に不健康になってしまうリスクもあります。

もし、ダイエットを成功させたい、糖尿病の予防、改善を行いたいと考えているのであれば、本書を手に取り正しい糖質制限を身につけることをお勧めいたします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました