しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[血糖値スパイクとは]

用語集

◆血糖値スパイクとは

・説明

糖質を含む食品を摂った際に、血糖値が急激に上がり、その後インスリンの働きによって急激に血糖値が下がる現象を呼ぶ。

・症状

イライラ、吐き気、眠気などの症状に加えて、糖質中毒になるリスクが上がる。またこれらの症状によって、集中力・パフォーマンスの低下、記憶力の低下などが危惧される。

・メカニズム

白米や食パン、果糖ブドウ糖液糖を含む清涼飲料水などのGI値の高い食品を食べると、血糖値が急激に引き上げられる。高血糖な状態になると、体はインスリンを大量に分泌し、血糖値を下げようとする。インスリンの働きにより、正常値を大きく下回る値にまで血糖値が下がる。この一連の流れが血糖スパイクである。

高血糖の状態になるとセロトニン・ドーパミンといったストレス緩和、幸せを感じる脳内物質を体は分泌する。しかし、その後すぐに低血糖の状態になると、脳内物質は分泌されなくなり、また多幸感を味わいたいと思うようになり、高糖質な食品を取り入れようと体が求めてしまう。この一連の流れで糖質中毒になると言われている。

血糖値スパイクによって、インスリンが過剰に分泌されると認知症の原因と呼ばれるアミロイドβが分解できなくなったり、インスリンの効き目が弱くなり糖尿病のリスクをあげ、高血糖な状態が続くことで血管の糖化による動脈硬化のリスク上昇も考えられる。

・治療法

高血糖な状態にならないようすにすることが必要不可欠のため、糖質制限による血糖値上昇の予防、合わせてGI値の低い食品を選んで食べる低GI食が効果的である。

◆関連記事 一覧

『現代人が抱える「糖質中毒」とは! フリーター生活日記215日目』
      ■フリーター生活215日目 フリーターになり215日目になりました💦  今日はバイト終わりの投稿になります。  最近、しゃぶしゃぶの食べ放題やお…
『パンを選ぶならクロワッサンが健康的!? カウンセラー生活日記107日目』
■カウンセラー生活107日目 カウンセラーになり107日目になりました💦 今日は朝から駆けずり回って来ました😅  すっかり忘れていたのですが マイナンバー…
『糖尿病だけじゃない!インスリンと認知症 カウンセラー生活日記208日目 水槽掃除』
■カウンセラー生活208日目 今日は一日家にいて、掃除をして過ごしていました💦  長いこと放置していた「熱帯魚の水槽」を決死の覚悟で掃除しました‼️  あま…

コメント

タイトルとURLをコピーしました