しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

[コルチゾールとは]

用語集

◆コルチゾールとは

・説明

別名ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスを緩和するために副腎から分泌されるホルモンである。

コルチゾールは適量であれば、体のバランスを整える存在となるが、過剰に分泌されることで下記の不調をひきおこす。

これらの悪影響により、認知症うつ病適応障害、がん、肥満、アトピー性皮膚炎などのアレルギーなどといった生活習慣病をひきおこすリスクを上げる。

コルチゾールを過剰に分泌させている原因は慢性的なストレスにあるため、ストレスとの関わり方や遮断を検討する必要がある。

◆関連記事 一覧

『万病の元!「副腎疲労症候群」とは!?』
    ■副腎疲労症候群とは?? ■副腎とは 血圧、血糖、水分・塩分量などの 体内環境を常にちょうど良い一定の状態に保つための ホルモンをつくっています。  …
『良いストレスと悪いストレス その違いとは? フリーター生活日記8日目』
■フリーター生活8日目 フリーターになり、8日が経ちました。  今日もいつも通りお仕事に行ってきましたが アルバイトを始めた当初より 大分気楽に働けるようにな…
『がんは生活習慣病である!ではがん細胞を産む生活習慣とは? フリーター生活日記44日目』
     ■フリーター生活44日目 いきなりの雨に降られ、お気にの帽子が・・・とブルーになりながらも、カフェにてカタカタとブログを整理しています。『お家ででき…
『ええ!?低コレステロール値でうつ病リスク◯倍!!/疲れてはいないけどダルイ!! 499日目』
 ■カウンセラー生活日記499日目 カウンセラーになり499日目!!  今日から研修期間が終わり!!  お仕事の現場が変わり!!  一人立ちして、東京の方の現…

コメント

タイトルとURLをコピーしました