しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

アルツハイマー型認知症【リコード法:ビタミンE】

アルツハイマー型認知症

ビタミンE

 ビタミンの一つであるビタミンEには「抗酸化作用」と言う力がある。

 細胞の膜を保護し、炎症毒素などのからのダメージを防ぐ役割がある。

 脳細胞においてもビタミンEの働きは有効で
 単剤療法の臨床試験において、認知機能の低下を遅らせることがわかっている。

 ビタミンE単体での認知症改善・治療は到底不可能だろうが、数ある改善方法とともにビタミンEの補給は有効であろう。

 ビタミンEは

 大豆製品・ワイン・チョコレート・アーモンド・アボカドなどに多く含まれている。

 ビタミンEと聞くとあまり聞き馴染みがないかもしれないが

 ・ポリフェノール
 ・イソフラボン


 などは耳にしたことがあるだろう。

 上記の食品にはポリフェノール・イソフラボンが豊富でビタミンEによる抗酸化作用が期待できる。

 しかし、ビタミンEの効果持続時間は極端に短く
 体内での効果時間は「2〜3時間」ほどしかない。

 そのため、ビタミンEを含む食品を一度に摂取するのではなく
 小分けにして摂取する方が効果を維持できる。

 また、食品からだけではなく、サプリメントで補うこともできるため、そちらを活用しても良い。

 ・トコフェロール、トコトリエノール合剤


2018年3月1日 著者:デール・ブレデセン 監修:白澤卓二 訳者:山口茜 発行所:ソシム株式会社『アルツハイマー病 真実と終焉 ”認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム』

2019年7月24日 著者:牧野直子 発行所:日本文芸社 『眠れなくなるほど面白い 図解 栄養素の話』


コメント

タイトルとURLをコピーしました