深部温度とは 栞が解説する眠りを変える体温

用語集

◆深部温度とは

・説明

筋肉や内臓などの体内の温度を指す。

皮膚表面の皮膚温度とついをなす体温である。

人が眠りにつくメカニズムに深く関係しており、血行を通して、深部温度から皮膚温度で熱が移り、両者の温度の差が縮まるほどに眠りにつきやすくなる。そのことから、入浴やマインドフルネス交流磁気治療などによる血行促進が不眠の解消につながると考えている。

体温計で測る温度としても認識されており、深部温度が36.5が平熱であると免疫が活発に働き、免疫力を上げることができるなど、さまざまな指標とされている。

◆関連記事 一覧

『眠りにつくメカニズム!! 素早く・ぐっすり眠る方法!』
生活習慣病を良くしよう!!生活習慣病カウンセラー 栞 【フロントページ】 生活習慣病カウンセラー 栞…
『体温と免疫はニコイチ! カウンセラー生活日記7日目』
■カウンセラー生活7日目 カウンセラーになり一週間が経ちました💦今日はバイトが遅くまでかかるので、早めの投稿になります! 飛行機から見た富士山!このご時世…
『すぐに寝たいなら◯で◯呼吸『血行促進』⑥眠の質を上げる習慣 カウンセラー生活日記51日目』
■カウンセラー生活51日目 カウンセラーになり51日目になりました💦 本日もバイト終わりの投稿になります。   昨日は疲れた?のか夜8時に床について、6時に起…
『寝る前”90分”が勝負の分かれ目 カウンセラー生活日記65日目』
■カウンセラー生活65日目 カウンセラーになり65日目になりました💦  ゴールデンウィークのおかげで、バイト先は大盛況です!!  ということで、今日はヘトヘト…
『精神安定剤で抑えた不眠がアレで良くなる!?/めちゃめちゃ栄養ドリンクくれる444日目』
■カウンセラー生活日記444日目 カウンセラーになり444日目!!  何かとお客さんから物をもらうことが多く・・・  中村屋のお煎餅にオロナミンC、そしてア…

コメント

タイトルとURLをコピーしました