しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

アルツハイマー型認知症【リコード法:マグネシウム】

アルツハイマー型認知症

マグネシウム不足(原因)

 マグネシウムは体の活動に必要不可欠な「ミネラル」の一つである。

  • 神経の興奮を抑える
  • エネルギー代謝をサポート
  • 血圧の維持
  • 認知力の改善

 マグネシウムには上記の役割があり、認知症と大きく関わる要素が多い。

 アルツハイマー病において、記憶を司る「海馬」と呼ばれる脳組織の縮小が見られた際に、組織内のマグネシウム値が低くなっていることも確認されている。

 つまり、マグネシウムが不足することで認知症の症状を発症、加速させることになる。

マグネシウム不足(改善)

 体内のマグネシウムは「赤血球マグネシウム値」で確認でき
 5.2〜6.5mg/dlの範囲でなければならない。

 多くの場合は上記の数値を下回ることで、認知機能に影響が起こる。

 マグネシウムの補給方法として、食事から取ることもできるが
  マグネシウムは吸収されにくい栄養素で、摂取した3割しか取り込むことができない。

 この特性からマグネシウムは下剤としても扱われる。

 そこで、経口摂取ではなく
 肌からマグネシウムを取り入れる方法をオススメする。

 市販の入浴剤にはマグネシウムが含まれ、肌からマグネシウムを取り入れることができる。

 また、マッサージなどの際にマグネシウムを含んだローションの使用も効果的である。



2018年3月1日 著者:デール・ブレデセン 監修:白澤卓二 訳者:山口茜 発行所:ソシム株式会社『アルツハイマー病 真実と終焉 ”認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム』

2019年7月24日 著者:牧野直子 発行所:日本文芸社 『眠れなくなるほど面白い 図解 栄養素の話


コメント

タイトルとURLをコピーしました