しおりの生活習慣病&健康的ダイエット アメブロ

アルツハイマー型認知症【リコード法:ビタミンB1】

アルツハイマー型認知症

ビタミンB1

 ビタミンB1には記憶形成に必要な役割がある。

 実際にビタミンB1が不足することで「ウェルニッケ・コルサコフ症候群」と呼ばれる物忘れを引き起こす症状が誘発される。

 認知機能低下や加齢への関与などは不明だが、認知力の維持にビタミンB1は必要不可欠である。

 ビタミンB1は

  • 豚肉
  • 赤身肉
  • 全粒穀物
  • ナッツ
  • 大豆
  • カリフラワー
  • ほうれん草

 などに多く含まれている。

 逆に体内のビタミンB1を分解してしまう「チアミン分解酵素」と呼ばれる物質を含む食品も存在する。

 ・紅茶
 ・コーヒー
 ・酒
 ・生魚

 ビタミンB1の欠乏は直接、アルツハイマー型認知症を引き起こすものではない。
 しかし、知識としてビタミンB1の存在を知っておくことは損ではないだろう。

 ちなみにビタミンB1が体内にどれだけ存在するか血液検査でわかるため、適正値についても記しておく。

 ・血清チアミン  20〜30nmol/L

 ・濃厚浮遊赤血球のチアミンピロリン酸(TPP) 100〜150ng/mL

2018年3月1日 著者:デール・ブレデセン 監修:白澤卓二 訳者:山口茜 発行所:ソシム株式会社『アルツハイマー病 真実と終焉 ”認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム』

2019年7月24日 著者:牧野直子 発行所:日本文芸社 『眠れなくなるほど面白い 図解 栄養素の話』


コメント

タイトルとURLをコピーしました